6月の出演予定

昨晩、暁生先生にお礼のお手紙を書きながら、思い出したことがありました。

学生時代に、すごく好きだった人が、漢字も全くおなじ、“暁生”さんでした。
先生のお名前を書いていて、全然書き慣れない感じがしないのは何でだろう…とふと思って、あ!、と。まぁ、今ごろ思い出すぐらい、すっかり忘れてたんですが笑。
声楽科の先輩で、ビートルズや何かを、リクエストしたら何でもすぐギター弾きながら歌ってくれる、優しい声が好きでした。

ひゃー甘酸っぱい!
(これは高知の小夏。今年も小夏の季節です◎)


*****

6月の出演予定です。
今日からオケがノンストップ!がんばります!


【京響友の会コンサート】
6月13日(木)19時開演(京都コンサートホール)※関係者のみ
指揮:下野竜也、高関健、広上淳一(五十音順)
曲目:謝肉祭 序曲、交響曲第7番、8番、9番の各第1楽章(全てドヴォルザーク)
➡︎今日リハーサルでした。どうしてこのお忙しいお三方が、同時に京都にいらっしゃれるのか、京響と京響のお客様のためにご多忙なスケジュールのご都合をつけてくださって貴重なお時間を分けてくださったのだろうなと感謝ばかりです。入れ替わり立ちかわりリハーサルが進みながら、振るマエストロと、後ろで見守るマエストロと、それを見学するお弟子さんたちと、私たちと。面白くも贅沢な、ありがたい環境。明日は、いつも応援してくださる友の会会員さんをご招待してのクローズドのコンサートです。終演後に交流会。会員になっていただけたら、特典のひとつとして、感謝を込めて、このように様々に趣向を凝らしたコンサートを年一回開催しています。ぜひ友の会へご入会ください☆

【オーケストラディスカバリー2019 ①オーケストラってなぁに?】
指揮:下野竜也
ヴァイオリン:泉原隆志
オルガン:桑山彩子
ナビゲーター:ガレッジセール
曲目:たくさん …ちゃんと書きます^^;
        「四季」より『冬』(ヴィヴァルディ)、「幻想交響曲」より第3.4楽章(ベルリオーズ)、牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)、「ローマの祭」より『主顕祭』(レスピーギ)ほかまだまだ
➡︎下野さんに「オーケストラってなぁに?」なんて聞いたら、きっとマニアックな答えが返ってきますよ笑、な、プログラム。ストコフスキーとか、ウェーベルンとか、およそ子供向けとは思えない作曲家が並びます笑。でも、きっと、ドキドキとワクワクがたくさんの、すごいコンサートになると思います。なぜなら、下野さんだから!
…がんばります練習します(泣)


【京都市交響楽団 第635回定期演奏会】
6月21日(金)19時開演(京都コンサートホール)
指揮:広上淳一
ヴァイオリン:五嶋龍
曲目:「シチリア島の夕べの祈り」序曲(ヴェルディ)、ヴァイオリン協奏曲(コルンゴルト)、交響的舞曲(ラフマニノフ)
➡︎シチリア島の夕べの祈り、乗りたかったな…!私は相変わらず後半のラフマニノフのみですが、五嶋龍さんのコルンゴルトもとても楽しみ。そしてラフマニノフのシンフォニックダンス(交響的舞曲)といえば、オケに入ってなのか首席を吹くようになってなのか忘れたけど割と早い時期に結構苦労した記憶があって、嫌な予感がして早めに勉強し直しを始めましたが、えー、こんなソロの多い曲だったかな…と、冷や汗をかいております…がんばります!
東京公演とともに早々と完売御礼になってしまいました。お求めになれなかった方々、大変申し訳ございません。

【京都市交響楽団 東京公演】
6月23日(金)17時開演(サントリーホール)
指揮:広上淳一
ヴァイオリン:五嶋龍
曲目:悲劇的序曲(ブラームス)、ヴァイオリン協奏曲(コルンゴルト)、交響的舞曲(ラフマニノフ)
➡︎京都での定期から、序曲が入れ替えでブラームスです。久しぶりのサントリー、思いっきり楽しんで演奏してきます。
ところで、ラフマニノフといえば、前回の京響・東京公演でのラフマニノフ「交響曲第2番」のライブ録音が、いつのまにかCDになってました…発売したとかするとか…。知らなかった…自分のオケのこと、いつも何も知らなくて、驚くばかりです…


【小谷口直子・塩見亮 デュオリサイタル(公財 青山音楽財団助成公演)】
6月29日(土)14時半開演(バロックザール)
出演:小谷口直子(クラリネット)、塩見亮(ピアノ)
曲目:3つのロマンス(R.シューマン)、3つのロマンス(C.シューマン)、序奏とアレグロ・アパッショナート(ライネッケ)、4つの小品(ベルク)、ソナタ第2番(ブラームス)
➡︎そろそろプログラムノート執筆に取り掛からないといけません(焦)。
…合わせをしていて思ったのは、クララの作品が、やっぱり他にない優しさなんですね。ただひとつ、女性の書いた音楽。やっぱりこの世には女性が必要だ、と、思える優しさ。あたたかさ。柔らかさ。コンサート全体について、もしくはプログラムのそれぞれについては、また、プログラムノートを書きながら頭を整理しながら、こちらにも書きたいと思います。
おかげさまで、残席を注意深く数える段階に入ってまいりました、ご興味お持ちいただけるようでしたら、ぜひ私たちへ直接、またはバロックザール、またはチケットぴあへお問い合わせくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします☆



0コメント

  • 1000 / 1000