くるしいなつやすみ

甲子園が終わってしまいました…淋しい…
履正社、優勝おめでとうございます!そして、ひと夏に青春を捧げた若い人たち全員、おめでとう!
*****

ブラームスのクラリネット五重奏曲を、初めて聴いた日の衝撃を、今でもはっきりと覚えています。

…く、暗…ぃ………。


初めて聴いたと言っても、CDです。最後の音がやんで、安いCDコンポのスピーカーから「しゃーーーーー」という音が微かに鳴っているのを、スピーカーの穴をじっと見たまま、動けなくなりました。うそやん。暗い。暗すぎる。救われなさすぎる…。
素晴らしい曲ですけどね。素晴らしい曲です。ブラームスの五重奏と、モーツァルトの五重奏、どっちが素晴らしいかというと誰にも言えないくらいだと思うし、この2曲より素晴らしい曲があったら教えてほしいと思うほどです。
でも暗いので…笑、毎日毎日、この曲と向き合うこの夏は、この重さとこの暗さを受け止めるのは、本当に精神的にしんどいです。モーツァルト(の協奏曲)をるんるん練習していた先月も、ウェーバー(の五重奏)に苦しんでいた春も、大変だったけど、全然しんどくなかったです。音楽が、明るい世界へどんどん連れ出してくれたから。
だけどブラームスの五重奏は本当に暗いのです。ひたすら、暗い音を探して、切ない音を探して、虚ろな音の移ろいを探して、嵐のような弦楽器と対峙して、血の流れるような爪痕を音で残すには。…あとは息が続かないから何度も何度も吹いてはため息、吹いてはため息。くるしい夏です。逃げ出したくなるけど、誰かに助けて欲しくなるけど、誰にも助けてもらいようのない仕事を選んでしまったから、仕方ない。スイカを食べて、アイスを食べて、筋トレして、走って、お風呂入って、掃除して、洗濯しながら、練習。練習。病みます。半病みです。あ、甲子園もまーまー観てました笑。癒しでした。

よかったら、9/26京都コンサートホール、応援にいらしていただけたらとても嬉しいです。
かるく助けてくれる人も募集中です( ´ ▽ ` )

*****

楽譜の、昔の書き込みを消すのって、必要ないと思っても色々思い出があったりでなかなかできないのですが、今回は結構吟味して消して、書き込みを整理しました。
書き込みって、ほんとに、勉強したその時の闘いの記録だから(私はです笑。お恥ずかしいことに笑)、筆圧とか、書いてる内容とか、面白いんです。こんな曲になるとあまり師匠には直接指導を受けていなくて(室内楽のレッスンとして聴いていただいたりはしました)、仲間たちと合わせをしながら、気づいたことや、願ったことや、一生懸命自分を制御しようと闘った書き込みが、たくさん。例えば、【走らない】っていうのがあちこちに書いてあって笑。昔は、推進力や、疾走感や、溢れる勢いみたいなものを表現するのに、テンポを動かさなければ出来なかったんでしょうね。今は全然そんなことはないので、今の私にはその書き込みは要らない。【待つ!】ってのもあるけど、それも今は大抵は大丈夫。でも、危ない時はあるかな。待てない、って、余裕の無さですねぇ。完全に時間を御せるようになるには、まだまだ長い道のりです。他方、そこまでよく感じていたな、偉いね、と20年前の自分に言ってやりたいこともあって、そういうのは今回は消さずに置いておきます。


*****

小・中学生は、まもなく二学期が始まるのでしょうか。高校生もかな?
大学生はまだまだ、あと半分ですね。

お盆を過ぎて残暑が厳しい時期になると、音大生だった頃の長い長い夏休みを思い出します。学校がなくて練習できる時間がいっぱいあって、ずーっと練習していたけど、でも、自分と向き合う時間がありすぎて、くるしくて、暑くて、私は毎年苦手でした。
でも、毎日毎日、朝から晩まで練習室にこもる日々の中で、たまには楽器を置いて外へ出て、美術館に行ったりする勇気を持てるのは底なしに時間のある夏休みだからこそで、やっぱり、外からの衝撃も大事。

そうだな、美術館、行こう。
なんか暗い絵が見たい。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • legal

    2019.09.20 00:57

    こちらでは、初めまして! いつも御心のこもった綺麗な演奏に、深く深く感謝申し上げております。 演奏会のある時など、この綺麗な御文章をfacebookの方でシェアしても構いませんでしょうか? 問題がない時は御返信無しで大丈夫です。週末、2日ともお伺い致します!どうか、頑張って下さい! ヤン・リシェツキ君にも、また関西でリサイタルをして下さるようにお伝え下さいませんか。過去、2回、それは素晴らしいリサイタルでした。 それでは、土日期待しております!一旦、失礼を致します。