9月も終わり

ラグビーが凄いですね。

コケてズルムケた肘がようやくすこし治(おさま)ったばかりの私には、ボール持ってフィールドにダイブするだけで痛々しくてワーワーしますが、本当に凄いスポーツ。生で観たらどんな迫力なんだろう。

日本勝った、日本強い、と浮かれてばかりいる気持ちにはとてもなれません。単なる日本人の体格ではとても太刀打ちできそうもないことが素人目にも明らかなこのスポーツを観ていて、改めて気づかされることがたくさんあります。さまざまな経緯で日本チームとして戦って我々にラグビーの素晴らしさを届けてくれる日本人じゃない選手やコーチや関係者の皆々様にまず感謝したいし、ハーフやクォーターかなと思う選手には、子供の頃から今日に至るまで様々な難しさを抱えて生きてきたのではと、そうでなかったらいいのにと思わずにいられません。いい時だけ都合よく彼らを「日本の〜」「日本人の〜」と呼ぶのでなく、混血の人たちが抱える日本社会での生きにくさについても考えたいし、活躍する人だけでなしに、日本という国を択んでくれている人たち、今この国に一緒にいる人たち皆とのご縁をありがたいと思いたいです。様々な肌の色、髪の色、話す言葉のある[チームジャパン]の雄姿に、私たち日本人の恥ずかしくてつまらない偏見や奢りが少しでも溶けるような気づきを、日本じゅうが見出せたらと思います。
…う、なんか書きすぎました。すいません。話を戻しますが、そしてそして、さらにその中で、体格のハンデをものともせず活躍する、生粋の日本人らしき選手の努力の凄まじさを思って、尊敬します。また、いつ大災害が起こるかもわからないこんな危うい日本にはるばる訪れてくれる全ての旅行者の皆さんにも心から感謝し歓迎したいなと思います。大きなゴロゴロをひいて歩く訪日客の皆々様に、笑って道を譲る心のゆとりを持ちたいです。


さて!
大学の後期授業が始まって、久々に生徒たちの顔顔顔…を見ると、懐かしくて、ちょっと嬉しかったです。
後期も頑張ろう頑張ろう。

本番が終わったらやりたいことを書き出していた紙。やりたい、というよりは「やらねば」な、単なるto doリストに途中からなってますが笑、[ミートソース]は、ある日突然むしょうに(普段そんなには食べたいと思わないのに)たっぷり作って食べたい衝動に駆られました。本番が終わったら、大小さまざま違いはあってもまた次々と本番は差し迫ってくるのでどれもこれもというわけにもいきませんが、いくつできるかな。秋。楽しみたいですね。


(10月の出演予定を書くつもりが、前置きで長くなってしまったので、次にいたします…ちょっと散らかったまま放置してしまいました。この後連投お許しください)

Naoko Kotaniguchi Official Blog

0コメント

  • 1000 / 1000