10月の出演予定

増税前に何を駆け込みで買えばいいだろう!と、気分だけでも右往左往してみた9月ラストの数日で気づいたのは、8%でも既にまーまー税金払ってるよね、ということ…と言いながら最後の最後までいじましくネットで買い物してしまったけど、要は意思をもって選んで消費するのが大事だなぁと。どうせなら、ハッとするようなものに財布を開こう。私も、ハッとするような音をお届けしたい。そして変な節約より医療費を払わないで済むように健康に生きましょう!よし、頑張って10%払うぞ。未来を生きる子どもたちのために税金を払うぞ〜


話は変わりますが
友だちが梨狩りに行って、おすそ分けを送ってくれました(泣)。うれしい。そして美味しかった!神戸の梨!

*****
10月の出演予定です。
【大町市文化会館 《ちっちゃなコンサート》】
10月5日(土)13:30開演(大町市文化会館 サンアルプス)
出演:小谷口直子cl、北口大輔vc、塩見亮pf、栗林さとし(おはなし)
曲目:クラリネット三重奏(ブラームス)
➡︎ちっちゃな、ちっちゃな、と強調されるたびに我々としては浅く傷つくのですが笑(笑うところです)、小さな町で、音楽をより気軽に、間近で感じていただきたいという主催者さん側のお気持ちが溢れたコンサートタイトルです。このところ毎年のようにピアノの塩見くんとお邪魔している長野県大町市へ、《プラスもう1人》シリーズの第2弾として今回は日本センチュリー交響楽団客演首席チェリストの北口大輔さんをお迎えして伺います!やっと叶った大さまとの共演!そして五重奏に続いての三重奏。そしてその他色々。栗林さんとのコラボも、また新しい作品へチャレンジします。ドキドキ頑張ります。この前日、4日にアウトリーチ2校予定です。またご報告できたらと思っています。

【京都市交響楽団 第639回定期演奏会】
10月11日(金)19時開演(京都コンサートホール)
指揮:ラルフ・ワイケルト
曲目:交響楽団第35番「ハフナー」(モーツァルト)、交響楽団第4番「ロマンティック」(ブルックナー)
➡︎ワイケルトさん、オーストリアの方だそうです。オーストリアといえば、佳子さまが訪墺なさった先日、新聞記事にKakoさまのお名前の意味するところが[Vergangenheit(=過去!!)]である、と間違って載ったのが痛ましいズッコケニュースとして友人から届いた(後ですぐ[美しい人、の意であった!]と訂正されたそうです)のが記憶に新しいですが笑、我々としても久しぶりのブルックナーを、オーストリアの指揮者さんと共演させていただけるのは、何だかとても楽しみです。今ここで具体的な言葉で飾るのは控えてみたいですが、私が楽しみに待つ通りの音楽体験ができるとしたら、どんなにかと思います。楽しみです。(…どうしよう、むっちゃ怖いスパルタな人だったら!焦)

【京都市交響楽団 倉吉公演】
指揮:広上淳一
ヴァイオリン:南紫音
曲目:ヴァイオリン協奏曲(チャイコフスキー)、交響楽団第4番(チャイコフスキー)
➡︎先月の佐世保に続いて、今月は倉吉にお邪魔します。倉吉といえば打吹公園だんご。笑って買って帰ってこられるように、がんばろう。チャイ4も、チャイコンも、はぁぁ、考えるだけでわちゃわちゃします(難しいんですー)。がんばります!台風だいじょうぶかな!広上さんと旅公演の時は必ず何か自然災害が…!

【時の響2019】
10月20日(日)13時〈第1部〉、15時〈第2部〉開演(京都コンサートホール)
指揮:広上淳一
朗読・ナビゲーター:栗山千明
ヴィオラ:小峰航一
〈第1部〉
「オーストリア×日本 琳派 ゴールド」〈ウィーンの景色〉
美しく青きドナウ(J.シュトラウス)、交響楽団第41番より第1楽章(モーツァルト)、心の中のウィーン(岸田繁)ほか
〈第2部〉
「古都京都の文化財世界遺産登録25周年」〈京都今昔物語〉
ヴィオラ協奏曲『ヒストリア』(酒井健治)、京のわらべうた変奏曲による「徒然草」
➡︎さまざまに趣向を凝らしてホール全体で皆さまをお迎えしお楽しみいただこうという【時の響】。今年は栗山千明さんをお迎えして、そして酒井健治さんのヴィオラ協奏曲。前半は爽やかに。栗山千明さん楽しみだな♡

【SHOO ONKATSU GALACONCERT】
10月27日(日)14時開演(勝央文化ホール)
出演:福島青衣子(ハープ)+小谷口直子(クラリネット)、カルテット・スピリタス(サックス四重奏)、ピアノデュオDuetwo(ピアノ連弾)、早稲田桜子(ヴァイオリン)+早稲田眞理(ピアノ)、浜まゆみ(マリンバ)
➡︎岡山県は勝央町で、これまでお世話になったおんかつ登録アーティストによるガラコンサート(おんかつ=公共ホール音楽活性化事業)。おんかつアーティストとして活動しはじめたごく初期に、私はハープの福島さんとペアを組んでアウトリーチのいろはを学び、コンサートもさせていただきました。アウトリーチでは、摂食障害のある女の子たちのリハビリ施設や、ペットボトルのキャップ工場(キャップだけ!)など、とりわけ思い出深いところへ伺わせていただき、情熱あふれる現地担当職員・竹内さんとのお出会いも宝物で、…またあの勝央町にお邪魔できるとあって、嬉しさいっぱいです。アウトリーチあり、地元中学校ブラスバンドとの共演あり、コンサートあり(出演者11人による演奏も!)、盛りだくさんの数日になりそうです。



以上です。

しばらくずーっとうまく眠れなくて、入眠には困らなくても1時間ごとに目がさめるとか、一旦起きたら眠れないとか、へんな夢ばかり見るとか、全く参りました。9月で朝までまともに眠れたのは、田園の2日本番が終わった夜と、ブラームス五重奏が終わって3日後だけだった…やっとホッとして、10月に入ってまーまー快調です。穏やかな日々。睡眠は大事ですね。

夏の名残の暑さがいつまでもで、さすがにこたえます。皆さまご自愛くださいね。





Naoko Kotaniguchi Official Blog

0コメント

  • 1000 / 1000