10年ぶりの里帰り

ハッピーハロウィーン!!

(…と言うだけ言ってみますが、ハロウィンがまだまだ縁遠い私です。とりあえずハロウィン柄のお菓子を生徒に配ってみたりみなかったりしました←適当)

日が、短くなりましたね。淋しい。遅まきながらいよいよ急に季節が進んだ気がします。扇風機を分解して洗って干して片付けました。そして扇風機の箱に入れておいた電気ヒーターを出しました。10月も終わりですもの、本当に。

旅続きだった10月が終わりました。ふぅ疲れた…。たまに外に出るのもいいけど、知らない町で知らない色々に出会うのもいいけど、やっぱり家がいい。いつもの町の、いつもの道や、いつものお店にホッとします。


先週末は、10年前にお世話になった岡山県勝央町へ、里帰り公演をしてきました。
SHOO(勝央)ONKATSU(おんかつ)ガラコンサート。
[おんかつ]というのは、地域創造さんによる「公共ホール音楽活性化事業」の略。公共ホール音楽活性化事業というのは、簡単に言うと日本各地の公共ホールとアーティストをお見合いみたいにして繋ぐもの。お見合いでお付き合いが成立すれば、両者の間にはコーディネーターさんとマネジメント会社さんが指導的立場として入り、公共ホールの担当者さんには公演開催までの様々な準備やアーティスト招聘のノウハウなどについて、若手音楽家には(黙って高尚な音楽を演奏していれば良いのではなく!)クラシック音楽を地域に届けるための親しみやすいコンサートの構成の仕方や本番での振る舞い方・明快で楽しいトークの技術などについて指導を受けるという、千本ノックみたいな2年間を過ごします。つまり、バブルの遺産で田舎に立派なホールが建っているものの自主企画の音楽コンサートがなかなか出来ない(から、やりたい)ような音楽ホール担当者さんや、クラシック音楽を身近に聴く土壌のない地域に、腕利きの音楽家(一応オーディションがあるので)を派遣するシステムであり、
若手の音楽家にとっては、様々な対象のお客様を前に様々な環境で演奏する経験を得る中で、演奏やトークや小物使いや衣装に至るまで様々に試行錯誤を重ね、客観的にアドバイスをいただきながらだんだんに自分らしいスタイルを獲得していけるという素晴らしいチャレンジとなります(一回の派遣は大抵、学校や施設などに出向いての出張コンサート〈アウトリーチ〉が4回、プラス、最終日に音楽ホールでの2時間フルコンサート…計4日間というのがセットです。準備も含めて慣れるまではかなりキツイ!)

説明が長くなってしまいました。(細かいところまで合ってるかどうか自信がありませんスミマセン汗)

私は2009年度の公共ホール音楽活性化事業アーティストとして選考され、2年間、登録アーティストとして勉強させていただきました(現在もOBアーティストとして登録継続中です)。そして岡山県勝央町は、その間にお世話になった拠点のひとつ。勝央町さんはといえば、この[おんかつ]事業に参加し始めて1番最初の招聘アーティストが私たち(私と、ハープの福島さん)だったそうで、そこからアーティスト招聘がちょうど10年となることと、勝央文化ホールが開館15周年となる節目の年が重なったことで、《これまでのゆかりのアーティストが一堂に会する記念のコンサートを》、と、なんと構想10年の一大イベント!と、なったわけでした。


楽屋口で迎えてくださった、
『お帰りなさい』
の言葉が沁みました。

上から、
サックス四重奏のカルテット・スピリタスさん(松原孝政さんs.、波多江史郎さんalt.、松井宏幸さんten.、東涼太さんbar.)。
ピアノデュオのデュエットゥさん(木内佳苗さん、大嶋有加里さん)。
わたし(クラリネット)とハープの福島青衣子さん。
ヴァイオリン(桜子さん)とピアノ(眞理さん)の早稲田姉妹。
マリンバの浜まゆみさん。
そしてコーディネーター役として丹羽徹さん。

それから。出演者として書き出していただきたいほどの素晴らしいスタッフさんたちが大勢!(ありがとうございました!!)

このメンバーで、最終日の日曜日には勢揃いでのガラコンサート。その前日や(人によっては)前々日にも、同時進行的に各所でアウトリーチやリハーサルが行われました。まるでパズルのようなスケジュールを、組んでくださりそして一切トラブルなく遂行してくださった主催スタッフさんたちには頭が下がりっぱなしでした。

私は、着いた日、
(高速バスで向かい、ホールのすぐ裏手にあるバス停で降りました)

到着してホールに荷物を置くやいなや、すぐにスピリタスさんと地元中学校にお邪魔し、勝央中学校吹奏楽部の皆さんとの共演曲のリハーサル(すごく猛練習!)をしました。まるまる2時間休憩なし換気なし(!)で吹きっぱなしのハッスルしっぱなしだったので、ワタクシはもう脳が酸欠、その日は回復不能でした…ふらふらで夜の宴会場に向かいました…

そして翌日(第2日)は朝一番から赤ちゃんとおちびちゃんとお父さんお母さんたちのためのコンサート!!可愛かった〜♡


長くなったので、続きはまた明日(←目標)書きます◎





Naoko Kotaniguchi Official Blog

0コメント

  • 1000 / 1000