音楽仲間のよろこび

タオルは、やっぱり真っ白なものが良いような気がしてきました。

普段使いの気安さで、真っ白よりはベージュや茶系や優しいピンク系のアースカラーを何となく選んでいましたが、たまたま化粧品のオマケで貰った(でも最近流行りの某タオルメーカーの)真っ白のバスタオルをおろしてみたら、なんか、気持ちがシャッキリする!

乾きにくい大きなバスタオルも、だんだん避ける方向にありました(今はコンパクトサイズとか、薄手で乾きやすいとか、様々な工夫が光るバスタオルがありますよね)が、大判で、厚みも風合いもシッカリしたバスタオルは、改めて何とも豊かな安心感。洗濯や買い替えや収納の些細な効率に心囚われていた自分の小ささを省みました。。

うん。タオルは徐々に白にしてみます。そして、バスタオルはちゃんと大きいバスタオルにしよう〜
(どうでもいい宣言、すみません)


*****

10/8本番の、アルカイックウィンドアンサンブルのリハーサルが始まりました。
初日9/29に、いきなり、アルカイックホール内にあるFMラジオ局の番組に出演?して、約30分間!三谷リーダーの素晴らしいトーク展開のもと、宣伝してきました笑。
(なにを爆笑してるのか全然忘れました)

左から、フルート市川えり子さん(京フィル)、オーボエ大島弥洲夫さん(大フィル)、ホルン三谷政代さん(当団リーダー・フリーランス)、ファゴット村中宏くん(京響)、クラリネット小谷口直子(京響)。
ピアノの大西隆弘(湊川短大准教授)くんは、この日この時間に間に合わず。

三谷さんとは学生時代からの付き合いで、結構力を入れて活動していた室内楽のグループで一緒だったり、夏の講習会で一緒だったり、学校は違ったけど同い年で、とても酒豪(笑)。大人できちんとした女性で、心から尊敬するプレイヤーで、大切な友人。
三谷さんが私に声をかけてくれたところからこのアンサンブルは始まり、それぞれがイチ推しの仲間を推薦して、現在のメンバーになりました。
市川さんはさすが三谷さんが太鼓判を押してくれただけあって(もちろん酒豪。笑)、あ〜上手いフルート女子でもこんな人がいるんだなーというような(失礼笑)、そしてざっくばらんで柔軟で面白い、オトコマエ女子。聞けば神戸の出身で、だからか〜!と色々納得しました笑。塩屋中学の、夏のコンクール会場で一校だけズルいレベルに可愛かったあの青いチェックの制服、市川さん似合っただろうな♡
大島くんは、私のイチ推し。彼の音楽に向かうパッションは、あのクールな風貌からしてギャップ萌え以外の何モノでもありません笑。イケメンも好きだけど、熱く夢を語る男が好き(語るだけなのは嫌)。そしてヤスオさんはトークも最高◎。こういう人がいると本当に安らかです。自分が前に出て頑張らなくていいチームに所属するのは、ほぼ小学校以来初。ありがとうヤスオさん(泣)。
当初メンバーだった宇賀神くんがN響へ栄転した後に私が誘ったのが、京響のホープ・村中ぴろしくん。隣で吹いていると、明らかに私たちの次の世代な感が漲っていて、さりげないスーパープレイに震えます。むむむ?ぴろしくん、なんかちょっと胸板厚くなった??と思ったら、人知れず筋トレ中とのこと。イイネイイネ!!
大西くんは、大島くんの大推薦により、加わってくれました。多分息子くんたちもおんなじ顔してるんだろうなーと思う(笑)甘く癒し系な見た目とは裏腹なのか、そのまんまなのか、ピアノがどんなに難しくても(今回ほんとにヤバイです大西くんごめん笑)、いつもにこにこ、そして見事に鮮やかに弾いてくれます。豊かな音楽とバランス感覚が本当に素晴らしい。いつか大西くんとサシで演奏したいと機会を狙っています。

…メンバーの良さ、伝わってるでしょうか笑。上手いのはもちろんなので、そこは聴いてのお楽しみです。

それぞれにそれぞれの環境で音楽体験を重ねてきて、それぞれに備えた引き出しを豊かに持ち寄る大人のアンサンブルの楽しさは、言いようもありません。年に一度しか集まらないのに、音を出せばパッと合い、誰が何をしたいか分かり、アイデアは自然に集約されていきます。経験は自分を助け、他者を受け容れる懐になる。若い頃は、木管五重奏なんて厄介な編成、やってもやっても険悪にしかなりませんでしたょ笑、これを読んでくれている若い人、安心してください、そんなもんです笑。でも、色んな人と音を重ねて、衝突したり、試行錯誤する中で、できれば自分より上手い人と演って苦しむほうがいいけど、そうでなくても、他者を知ることが自分を知ることになります、そうやって、どんどん成長していけるし、自分や相手が見える(聴ける)ようになるし、どんどん出せる手数が増えていきます。上手い人ほど1つの意見に拘らないし、上手い人ほど相手を否定しない。どうにでもなるし、いつも豊かに自然で、バランス感覚が秀逸。

…そんなこんなで楽しく進んでいるリハーサルは、私個人としては今回はお恥ずかしいことに遅ればせながらお初な曲ばかりで大変でした(ギリギリにならないとお尻に火がつかない)。トシとると、だんだん、もう、新しい曲を読むという作業がですね、年々、しんどい笑。食べられるし、食べるんだけど、飲み込むまでに時間がかかる、みたいなアレです笑。いつまでももちゃもちゃもちゃもちゃ遊んでばかりでなかなかご飯が食べ終われない幼児とおんなじような気持ちです笑。そんなもちゃもちゃした先月を経て、もう飲み込んだ(読んだ!)ので、あとは楽しむだけ。
さぁ〜あとは誰がどの曲について喋るか。そのお達しを心静かに待ちます…。

アルカイックウインドアンサンブル2017は、

10月8日(日)15時開演、アルカイックホール・ミニ(尼崎市総合文化センター2階)
入場料:前売り一般1500円、高校生以下1000円、ペア割2000円(お二人で)(※当日は各500円増し、未就学児入場不可、アルカイックホールHPからもご購入いただけます。)

です。アットホームな楽しい雰囲気で本格的な音楽も楽しんでいただきたいコンサート。たくさんの皆様のお越しをお待ちしています☆


*****

9月30日の神戸新聞夕刊に、先日取材していただいた記事が掲載されました。何か手に入ったらまた改めてこちらでもご紹介させていただ…くかもしれません。

*****

先日、楽屋見舞いにいただいた、お庭産のミョウガ。ミョウガって、この季節?と思ったら、秋ミョウガっていうんですね、ぷりっぷりでコロコロしたのをたくさんいただいて、半分を甘酢漬けにしました。漬けて寝たら、翌朝いい色、いいお味。ミョウガ万歳。

0コメント

  • 1000 / 1000