今週もりだくさん

日曜日は京都市立芸大のオープンスクールでの公開実技レッスン、月曜日は京響「高校生のための管楽器講習会」で、たくさんの高校生に会えた週の始めでした。

台風一過でお天気が良くなってすっかり暑かった日曜日(公立の学校はもう冷房がつきません涙涙)、あんまり事情を知らずに出勤してみたらクラリネットだけ広い会場で笑、思ったよりうんとたくさんのお客さんに迎えていただいて賑やかな公開レッスンになりました。たくさんの皆さんに興味関心を持っていただき、おはこびくださったこと、心より感謝いたします。

在校生の一人を普通にレッスンして、通常レッスンにカウントしてもらっても全然いいですと言われていたのですが、せっかくだから毎年京芸の受験曲になっているエチュードから数曲を、京芸生に吹いてもらうことにしました。
あんまり上手いと私が言うことがなくなるし?笑、全くレッスンもせずちょっと聴くことすらもせず当日を迎えたので、いざとなるとちょっと心配だったりもしたのですが、2人の学生は簡単でないコンディションの中で立派に吹いてくれ、十分に大学生らしい音で、大学生らしい観点と美意識をもって吹いてくれたことを嬉しく思いました。もちろん、あえて完璧には準備してもらわなかったし私もしなかったので、まだ改善点はありますが、高校生にとっては十分に気づきのあった演奏ではなかったかと思っています。
私からは、限られた時間の中でかいつまんでではありましたが、受験課題のエチュードを「音楽」として面白く立体的にとらえるためのヒントを、いくつかご提示させていただいたつもりです。本当は、京芸を目指したいと思ってくれる高校生に吹いてもらっての公開講座を出来る機会があればどんなにかと思うのですが、今のところは叶わないので、今回は私が受験生に広く出会える唯一のチャンスと思い、一生懸命取り組ませていただきました。京芸クラリネットのレベルを上げたくて、そのためには、受験してくれる学生さんのレベルをもう少し上げないととも感じていて、そのためには、私がもっと積極的に上手な高校生に出会っていかないといけないんだろうなぁ、と、ここ数年の反省とともに改善点として感じています。まぁなかなか、なかなかですが、しっかり。だんだん。じっくり。がんばります。


月曜日の祝日も良いお天気で、市内の某私立高校を会場に解放していただき、京響「高校生のための管楽器講習会」、午前・午後の2講座を開催させていただきました。
例年は春というか初夏というかの早いタイミングでの開催だったのですが、今年は夏も過ぎてコンクールも終わって、初心者の人ももう一通り楽器が吹けるようになり、経験者たる上級生もさらに安定した時期にお会いできたので、いつもとは少し違うアプローチでレッスンもでき、なかなか良い感じ◎だと思いました。
とはいえ、クラリネットはどうしても1クラスあたりの人数が多く(オーボエ、ファゴットなどは希少種なのでほとんどマンツーマンかそれに近い贅沢レッスンになる可能性が高いのです。クラリネットは常に雑雑と団体レッスンの運命…)、経験年数が同じでも1人1人レベルは違うし、学校によってもレベルや傾向が違うので、それを一手に引き受けてそれぞれにお客様満足度を高く帰っていただけるようなレッスンをするのは、本当に大変なことです。レッスンしながら、目の前の生徒を見て音を聴いて瞬時に判断してレッスン内容を組み上げたり変更したり、言葉を選んだり方法を考えたり、レッスン中ずっと頭の中がぐるぐるしっぱなしなので、集団レッスンは本当にタフ。終わるとドシャっと疲れが押し寄せます…。が、高校生はもうしっかり人間(!)なので話しかければ反応もあって(中学1年生とかだとまだ子供さんらしいところもあって、ややアララとなることもありますが)、そして今回参加してくれた子たちはさらに明るく反応も良く、とても助けられて、楽しくレッスンできたので嬉しかったです。協力に感謝です。みんなありがとう!日々の練習に何か参考になっていたら嬉しいなぁ。


そして火曜日からは定期演奏会のリハーサルが始まりました。早いもので、明日本番。頑張ります!



そんな中、今週は、ウィーン時代の友人チエちゃんが訪ねてくれ、一時帰国の貴重な数日をウチで過ごしてくれました。
チエちゃんは、今やウィーン・フォルクスオーパーで契約専属ピアニストを務めるなど活躍中で、日本人というよりはもうちょっとオリエンタルなポカホンタス的エキゾチック美人。ウィーンではたった1回か2回、ちょっと会っただけ、みたいな関係らしいのですが笑、帰ってくるたびに何やかんやでお互い時間をやりくりして再会が叶っています。わざわざ京都に来てくれるなんて、友達って本当にありがたい。懐かしい共通の友人たちの話に花が咲き、共通でない友人たちのことも思い出し、みんな元気かなどうしてるかな〜どうしててもどうしてなくてもいいから元気でいてほしいな〜、幸せでいてほしいな〜と、もはや勝手に親戚のおばちゃんのような気持ちです。みんな元気かなーだいすきだょー

チエちゃんからのお土産。私がリクエストしたセンメル粉(左の箱の絵、ウィーンでとても一般的なパン「センメル」のパン粉。これさえあればヴィーナーシュニッツェルが出来るのです!それと、チエちゃんが、「直子さんVanillezucker要るでしょー?」と買ってきてくれた、バニラシュガー。寒くなってくると、またVanillekipferlを作りたくなるだろうなぁ。すごく面倒で、すごく太るけど笑、美味しいやつです笑


外ヅラだけはいいA型なので、誰か来るとなると、つましい拙宅ながら仕事以外の時間のぜんぶを費やして年末大掃除を軽く上回る熱意で大掃除をせずにはいられません。そして、その誰かが帰った後は、燃え尽きて、必ず寝込むことになります。必ずです笑。チエちゃんは今朝帰りましたが、チエちゃんの長い髪がまだ残る部屋で、なんとか持ちこたえています。明日の定期が終わったら寝込む予報です。。。土曜日…働けるであろうか…



Naoko Kotaniguchi Official Blog

0コメント

  • 1000 / 1000