京都の秋

「京都観光、どこが良いですか?」
という難問に、私は今だに上手に答えられません。

今日のように穏やかに晴れた、何ということもない日、風が少し吹いて、空が完璧というほどでもなくても、暑いわけでも寒いわけでもないこんな日に、鴨川を渡りながら明らかに夏とも春とも冬とも違う川、山、空、光、木々の色を眺める時、何より

あぁ、京都だ!

と、私は感じます。


1日あるいは2日ほどしか京都に滞在できない人に、京都を満喫してもらいたいとき、一体どこのお寺を紹介したらいいのか、どこのカフェをお勧めしたらいいのか、夜のご馳走はどこにお連れしたらいいのか…ふぅ。
お寺はどこだってお寺だし(桜でも紅葉でもない季節、やっぱり“観光した!”と分かりやすくお客様満足度を得られるのは、メジャーどころのお寺な気がします。そして、そのへんは大概、むかし修学旅行で行ったからと却下されるか、大混雑覚悟か、工事中です笑。そうでない味わい深いお寺は、その人の感性に響くかどうか、お勧めするにはとっても勇気の要る気がします)、感じのいいカフェは駅近にはないし、混んでる時間に行っても魅力激減だし、夜のご馳走は相手がどれくらいのつもりなのかにもよるし。
最近は諦めて、
「晴れてたら、自転車と地図、貸してあげるわ。」
と言うことにしています(これが1番、私は京都らしさを満喫できると思っています。私はです)が、チャンスの乏しい旅人に、うまく晴れが訪れることも、また稀です。

岡崎の、桜はなくとも柳の緑が風にサラサラと揺れる白川沿いも、今日は本当にうっとりするほど素晴らしかった。
(白川沿いは、でも、やっぱり桜の時期が黄金です。ぜひお勧めします。だけど、それでも、桜がなくたって本当に素晴らしいのです。)

今日の鴨川。
鴨川沿いを例えば上賀茂神社まで走ってお参りして焼き餅を買ってくるとか、朝8時半の出町ふたばで朝一番の豆餅を頬張るとか、美味しいパン屋さんで買い込んだパンを鴨川沿いのベンチで食べてたら空からトンビに狙われるとか。鴨川の、写真にも写ってますが飛び石を渡るのも楽しいですよ。銀閣寺までチャリで走るとスコーンが絶品で調度の素敵なカフェがあったり、金閣寺まで走ればレモンゼリーのクリケットがあったり。北野天満宮まで行けば粟餅です。やだー、楽しい♡


京都暮らしがいつのまにか長くなっても、観光客としてのキャリアが積み上がるわけではないので、結局生活者としての視点になるんですね。好きな景色とか、快適な場所とか、愛着のある何かとかって、別に、ここではないどこかでも、その人それぞれにあるはず。
寒くてぶるぶるする前に、良い気候のうちに、今秋もたくさんチャリに乗ろう。
そして、やっぱり真の京都の達人はおススメ上手でもあります。私も少しは人さまにおススメ出来る案を持てるよう、観光客ごっこもしようと思います。


…前置きのつもりが長くなったので、またにします。
皆さまも良い秋をお過ごしください。

いつものペチカさんにて。栗とチョコのタルト。と、ホットティー。
今度こそクロックムッシュにする。

0コメント

  • 1000 / 1000