春へ!!

この冬は、根っこもしっかり残った元気もりもり肉厚なホウレン草に出会うことが多くて、まぁよく食べました。この間もまた八百屋さんで見かけて、だけど、今度はその隣に横たわっていた立派な水菜に捕まってしまい(捕まえたのは私だけど)…袋入りの、もう洗わずとも使えそうな、あのシュッとした綺麗な水菜じゃなくて、今朝まで畑でしっかり霜に当たってました、と言わんばかりの、モシャっ、どわっ、とした、大株。の、半株だったけど、それ。いやーでも多いな、とか、いやーでもコレ掃除するだけでしばらく台所で格闘せなあかんやんとか(土がしっかり根元に入り込んでいたり、一生懸命目を皿にして洗わないと虫がいそうだったり、葉先が枯れかけてるところがあったり)、やっぱり緑の濃いホウレン草を見ちゃうとこっちのが栄養ありそうだなと思ったり…いろいろブツブツ言っていたら、八百屋のおっちゃんに「いや、今日はこっちやで。ホウレン草はまたいつでも食べられるし」と言い切られ、購入。…予想に違わず、掃除には結構な時間がかかったというか、そんなことよりも冷静に考えると相当な量で、それはそれは、夢に見るほど水菜を食べ続けてました。


…そんなこんなで、びわ湖マラソンが終わりました。

今日はびわ湖毎日マラソンがちょうど昼頃のスタートで、途中の車道が既に交通規制で渡れず、「向こうの陸橋を渡ってくださいねー」と言われてぐるっと渡っていたら、ちょうど先頭集団が陸橋の下を走っていきました…なところを激写!このあと、地上へ降りてしばらく沿道の応援してました。いやー速い。しかも、最近のランナーはシュッとしたイケメンが多いんですねー栄養状態がいいからかなー



…じゃなくて、びわ湖オペラが終わりました。


毎日よく歩いて、びわ湖へ通うこの時期は、心なしかお尻がちょっと上がる気がする。いや、たぶん気がするだけだけど。ムダにストレッチとかするからかもだけど。知らんけど。笑

びわ湖、毎年のように乗ってるけど、観たことは一度もなくて、記録用のビデオ(DVDっ!)もオケには回ってこなくって、どんなんかなー、綺麗かなー、どんなふうに聴こえるのかなー、一回くらい客席で聴いてみたいなー…と思ったりもするけど、やっぱり、どんなS席より、ピットの景色が好き。

暗がりに浮かぶ、古い譜面が美しいのです。


今年もあっという間に終わってしまった。びわ湖で大事に育っているオペラに、京都市交響楽団も参加させていただけているありがたさをしみじみ噛み締めながら、だいじにだいじにみんなで音を紡いだ2時間半。二週間の特訓も、コソ練も、パー練も、音楽のためなら、楽しかった。今年もみんなで一生懸命頑張りました。これ以上できないくらい頑張った(泣)。どうだったかな、良かったかな、お客さん喜んでもらえたかな。年に何本もオペラを経験するオーケストラのようにはまだまだいかないかもしれないけど、毎年必ずびわ湖に入れていただけて上質なオペラを経験させていただけること、年に一回のびわ湖にみんなで全力を注ぐことは、私たちにとって大きな大きな財産となって積み上がっていると感じています。このような機会をいただけることに感謝ばかりです。


ちょこっと打ち上げに出て、オケのみんなと様々な苦労をねぎらいあったり、この先3年のことを思って震えあがったりしたあと、帰ってレッスンして、明日からのシューマンをさらったら、ちょっとホッとしました。

オペラもいいけど、やっぱりシンフォニーって、ちゃんと真ん中に座って、聴こえない音もなさそうで、うれしい笑


びわ湖と一緒に、今年も冬とお別れ。春だ〜!


こたちゃんのかえる。

カーテンコールの際にピットから舞台に贈るメッセージボード?カード?プラカード?…何て呼んだらいいかわからないけど、とにかく毎年、コントラバスの石丸みかさんが素晴らしく書いてくださって、みんなでキャストの皆さんに向かって掲げるのがびわ湖の恒例になっています。今回は、みかさんに言われて、かえると、りんごだけ、描かせてもらいました笑



思い出深い大津の坂道とサヨナラして、明日からはまた思い出深い神戸の坂道を通います。

0コメント

  • 1000 / 1000