三拍子は宇宙

レッスンの途中で、

「あのさ、前川清、わかる?」

と聞いて1人も首を縦に振ってくれず落ち込んだのは、こないだのことです。
前川清ですよ前川清。長崎が連日雨なやつですよ…。さようなら昭和…


神戸市室内合奏団さん(神戸室内合奏団さん、だと思っていました。正式名称は神戸“市”室内合奏団。京都市交響楽団も、“市”を忘れられてしまって悲しいことが多いので、大反省。)の、松方ホールでの三月定期演奏会と、紀尾井ホールでの東京公演が終了しました。オペラから休みなしで突入していたので、やっと、ほっ。同級生や、大学時代の先輩や、さらに上の大先輩や、若いフレッシュなプレイヤーの皆さんなどなど、いろいろ混ぜこぜ管楽器チームで、とても楽しく嬉しい数日でした。

本人が途中で投げ出して世に出すのをやめた作品を、後世の人間が掘り返して手垢をいっぱいに付け放題にしていいものなのかなぁ…と、思わないでもなかった『ツヴィッカウ』と、今度こそ自信にあふれ世に送り出した交響曲第1番『春』。シューマンの二曲に参加しました(モーツァルトは降り番)。

後年の、暗く淋しく虚ろな作品を知るだけに、明るく自信に満ちて進む響きのなかで、何とも言えない気分になるような、若き日のシューマンに「大丈夫だから!君すごいよ!頑張れ!あんまりクララに苦労かけたらあかんよ!」と、無性に励ましたくなるような、そんなこんなだね、と、すっかりいいおじさんおばさんになった仲間内で話していました。笑

シューマンいい曲だったー!舞台の上は伸び伸び明るかったー!
でも、三拍子多めだったので、すごく難しくもありました。やっぱり、三拍子は宇宙だ!

*****

紀尾井ホールを出たあと、オーボエ中根くんオススメのアジア大衆食堂(!)で「お茶」という名の実質晩ご飯を食べ(だって美味しかったから笑。ラオス人のおばぁちゃんがとっても愛らしい人で、味は絶品!)、そのあとは恵比寿のギャラリーに飛んで行って、ウィーン時代の友人でカメラマン・ヨシくんの展覧会にお邪魔しました。

ヨシくんの作品はどれも鮮やかで人を惹きつけるエネルギーがあって、ほんとに素晴らしい。だけど、会場に行ったらヨシくんとも話が尽きないわ、ウィーン時代の他の友達もそのまた友達もいっぱいいるわでワーワー喋っていたら肝心の写真を見る時間がなくなり笑、大忙しで堪能して失礼しました。いつかヨシくんにアー写撮ってもらいたいなぁ。高そうだなぁ震


加藤義。ヨシくんて義くんなんだ。と、このチラシで初めて知りました。留学時代の友達あるあるです。



そのあとは、新幹線に乗る前に、東京駅まで来てくれた友達・かおちゃんと晩ご飯を食べて(ばんごはん実質二回目なのは内緒!)、「それで、なんで私らって仲良くなったんだっけ?」「初めて会ったのっていつだっけ?」という、ふとした疑問に答えが出ないまま、「ま、いっか!」となったところで最終新幹線の時間がきました。

もう、誰かと居るより一人がだんぜん楽になってしまった最近。それでも、会いたい人がいること、会ってくれる人がいることを嬉しく思いながら、西へ戻りました。


*****
大学入試も終わり、新学期までは本当に春休み。束の間の、穏やかな日々。
よもぎぜんざい@中村軒
おぜんざいも食べ納めかなぁ


練習するぞ〜♪

0コメント

  • 1000 / 1000