熱い夏

最近の高校球児って、なんかシュッとしたイケメンが昔よりずっと多い気がします。高校球児に限らず、スポーツ選手、いやスポーツ選手に限らないかぁ、音楽家だってそうかなぁ、…わからんけど笑、なんでしょうね、栄養状態が良いのでしょうか。イイねイイね☆
家に居られる日中の、状況が許すときは高校野球を観て、仕事柄、嫌ですねぇ、どうしても応援団の演奏に耳が行きます。東海大菅生のクラリネッツがいい音してるなと思いました◎。天理はさすがに底鳴りしてる。あと、グロッケンの音をよく拾ってるナとか。まぁ放送の加減もあるでしょうから適当な感想です。校歌がどんどんAKBみたいな軟弱な今風?なアレになってガクッとくるのに、応援団の曲のチョイスは私の高校時代とも大して変わってない気がして、それも面白いなと思います。
わたし、高校生の時、野球のルールを全然わかってないのに応援団の指揮をさせられて、もう、ヒット打って喜ぶときに急遽やんなきゃいけない曲とか、アウトになったからストップするタイミングとかが全然分からなくてアタフタしたのです笑。甲子園じゃなくて予選です。アタフタして、もう、アララララってなりました。アルプス席を眺めながら、思い出すのはそんなことです。基本ドン臭いです。
定期の朝、出かける準備をしながら何気なく高校野球をつけてたら、大垣日大高に

沼尻くん

がいました。化粧しながら変な声が出ました。火の鳥、さらおうと思いました汗。


*****

定期演奏会、真夏の暑い時にも関わらず沢山のお越しを本当にありがとうございました。
レクイエムって、死者のための、なので、自然とそちら向きになりそうな感がありますが、何か今回は、なのか、今回のヴェルディは、なのか、指揮者の川瀬さんによるものなのか、生きているものの熱烈な叫びというか、生へのエネルギーというか、そのような圧倒的な力を感じた気がしました。
がんばって生きよう。死ぬ日まで。


1日空いて、送り火の日のロームシアターのリハーサルが始まります。火の鳥と、禿山と、竹取物語。リハーサル1日で当日GPなしの一発本番。軽く肝試し。


季節がいよいよ進んで、夏バテということでもないけど、頭ボー、リードはばさばさ。がんばれがんばれ、もうひとふんばり。


鴨川の水辺に大文字、のイメージのお菓子だそうです。紫野源水さんの軒先にはこの季節、大きな蓼の花が綺麗です。オオケタデというそう。夏の終わりのような、秋の始まりのような夕刻の風に、ピンクの花が揺れていました。


Naoko Kotaniguchi Official Blog

2コメント

  • 1000 / 1000

  • Naoko

    2017.08.23 06:41

    @tontonton3kaiそうですね、紫野源水さんのすぐ北に大徳寺さんなどありますね。 オオケタデ(大毛蓼)というのは、道端でよく見かけるイヌタデなどよりずっと大きくて、葉や茎が毛羽立っていて、古くはマムシにかまれた時の解毒作用があると信じられていたそうです。花言葉は「申し分のない愛らしさ」。あら♡笑(違)
  • tontonton3kai

    2017.08.22 09:59

    僕らの時は兵庫県の夏の予選は、甲子園でもしていたと思います。 もう卒業してから40年以上ですが、応援団の人と逢うたび、せっかくヒットを打ち盛り上げるときにの進撃ラッパ?いつも間に合わなかったと、今でも言われています。  小谷口さんの時もでしょうが、開会式に何人かは参加していました。  蓼食う虫も好き好きの蓼すか。それと、紫野源水と検索してみると、本当に京都有名はお寺に囲まれているといつもおもいます。