心からの感謝を

京都市交響楽団第625回定期演奏会、初日。無事終演いたしました。猛暑のさなか、またお忙しい中をお時間くださりお越しくださいました沢山の皆様、本当にありがとうございました。

まだ明日がありますが、ひとまず感謝の気持ちをお伝えしたく、書かせていただきます。


本日、会場にて、このたびの西日本豪雨災害への義援金のご協力をお願いしましたところ、本当にたくさんの皆様よりお気持ちを頂戴いたしました。私たちが終演後のレセプションにてお願いにあがるより前にご協力くださっていた方々も多くいらしたと伺っています。我々京響メンバーもささやかながら協力させていただきました。明日を終えたら最終的な集計がされ、またどのような形でか公式に団事務局より報告させていただくことになると思いますが、レセプション終了時点で、少なくとも私が持たせていただいていました義援金箱は満杯になっていました。私が物欲しそうに皆様のおそばへお邪魔したせいもあったかもしれませんが笑、皆様のお気持ちに感激しました。ありがとうございました。

「京響さんだったら安心だから(募金するわね)」

とのお声もいただきました。重く受け止め、確かに被災地へお届けをしてもらうようにいたします。


先週の長州土佐ツアーで山口、高知へお邪魔し、それぞれの会場でとても温かくお客様に迎えていただきましたが、やはり、被害の大きかった地域のすぐそばへ、生き死にに直接関わらない音楽をわざわざ京都から届けるということに、何とも言いにくい気持ちを感じつつの2公演でした。実際に被災されて後片付けの手を止めて会場に駆けつけてくださった方がいらしたとも伺いました。チケットをご購入いただいていたにも関わらずご来場が困難になった方が各会場ともに100人ではきかないほどいらしたとも伺いました。チケットが流されてしまった方がいらしたとも。

また、今回指揮してくださる下野さんが芸術監督をつとめられる広島交響楽団さんも、団員さんたちは何とかご無事だったように伺っていますが、やはり被害のひどい地域の近くで芸術文化活動をされる難しさやもどかしさも、想像に難くありません。下野さん、広響さんのSNSでいち早くお気持ちを表明されていましたが、本当に何とも言えない重いお気持ちでいらっしゃるのではないかと、これは想像をしきれるものではありませんが、思います。音楽をする者は本当に無力です。下野さんを通じてご縁を感じさせていただいている京都から、京都からもみんなが応援しているよ!と、せめて気持ちが伝われば、とも思いました。

もちろん、京都にも被害のひどかった地域はあります。また、言うまでもなく、目も当てられないような被害は西日本各地に広がっています。なので、今回は、日本赤十字社を通じて西日本豪雨災害全体に向けての募金とさせていただくことになりました。きっかけは、上に書かせていただいたような私たちのどうにもならない気持ちが始まりでしたが、この猛暑の中、ボランティアに行かれている方々には本当に頭が下がる、だけど自分はそこまでできる力はない、気持ちはあるけれども、と思っていらっしゃる方はきっと多いとも思いました。さりとて、なかなか、わざわざ自発的に義援金を振り込みに行くということもなかなかキッカケがないとしないなぁと(私自身はそうです)。偽善がましく募金箱なんて、と思う気持ちもなくはありませんでしたが、でも、何事もキッカケが大切だとすれば。



私は、高校生のとき、阪神大震災の被災地の真ん中にあった母校が大規模避難所となり、春が来て少しずつ落ち着いてきたかに思われた頃、吹奏楽部で集まってささやかな慰問演奏のつもりで避難生活をされている方々に向けて青空コンサートをしたのですが、避難中の子供たちから乾電池を投げつけられるという経験をしました。いや、まぁ、ヤーさんの多い地域で(神戸なので)、見たら明らかにヤーさんのご子息的で笑、たぶん単なる子供のいたずらだったとは思うのですが、単なる子供のいたずらと思いたい気持ちが半分、でもその無邪気な行動に気づかされることも確かにあって、思春期のピュアな気持ちには乾電池以上の重みで突き刺さりました。なんなら足元にボウリングの球も転がってきました笑。音楽が力に、なんて、口が裂けても言う気になれない大人になったのは、その日に感じたことも少なからず影響しています。

それでも音楽を選んだとすれば。簡単には楽器を放り出して行けないとしたら。今日この日、音楽会を開ける幸運にある人間と、音楽を楽しむゆとりのある人たちが、音楽をきっかけにして集まったその場で、それが叶わない人を思うことをしたいと思います。音楽の力、というものがあるのだとすれば、例えばそういう形が、私にとってはとても身近だと思いました。傷んだ人の心を音楽が直接癒せるとしたら、それはもっとずっと先の先のこと。それまでは、離れたところから、こんな形で。



明日も演奏がんばります。そして、明日も、たくさんの皆様のご来場をお待ちしています。



ハンカチは引き出しにあふれているからしばらく買うまいと思っていたのに、京都弁のかわいい刺繍に負けて買ってしまいました↓

かましまへんぇ◎

0コメント

  • 1000 / 1000