8月の出演予定

サティのジムノペディ(クラリネットなし)、ドビュッシーの小組曲(#祭)、フォーレのレクイエム(4曲目のみ)という、大変ふゎっとした本番が終わりました笑。

ふゎっとした、というのは、まぁあんまり音が沢山ない(働いた実感が少ない)ということと、ドビュッシーの小組曲はやたらに♯だらけ(多分A管で吹けば随分簡単なのに、なぜか…音色の狙いもあるんでしょうか?)で、♯を多めに付けて付けすぎることがないという笑、いつ吹いても何とも地に足のつかない感覚にとらわれる(まぁええけど)、そのせいも大きかったと思います。


フォーレのレクイエムは、大学時代に副科合唱(声楽科以外の学生が履修)の授業でたぶん歌って、たぶん結構最初のほうで取り上げた曲だったんじゃないかなぁ、授業が始まって、4声にだいたい分かれて座って、ハイ歌いましょうとなって、

レーーーークィエーーーーム…


…!!!!

音大って、声部ごとに練習したり、音取りしたりしなくても、さんハイ、で、いきなりバッチリとハモって歌えるんだ!!と、心底のけぞったことを思い出します。声楽科がいないのに、男子の声がやたら良くて。
…つい半年ほど前まで、高校のクラス対抗合唱コンクール(校内行事)に向けて教室で必死に男子を歌わせて、4声全部歌って指揮して汗まみれになって優勝目指していた自分は何だったんだろう、あぁ、ここは文明国だ、文明国に来た、、と思ったあの時。笑。

あと3回くらい生まれ直して、もし歌を歌える人に生まれ変われたら、「Pie  Jesu」を歌いたいな。他は何も歌わなくていいから、この1曲だけで売れて、あとサッとお嫁に行っちゃうみたいな、清らかで美しい色白の女性に、生まれてみたい。←フォーレのレクイエムに乗ってると暇なので舞台の上で神妙な顔して待ちながらいつも考えることは同じ

最後を、やさしい長調で終わるレクイエムは良いですね。
帰ったら、お盆の予定を相談しよう。と、思いました笑。


*****
8月の出演予定です。


【みんなのコンサート2018「マーチ!マーチ!マーチ!〜ときどきダンス〜」】

8月4日(土・京都市北文化会館)、5日(日・京都市東部文化会館)両日ともに14時開演

指揮:高関健  司会:福山俊朗

曲目:交響曲第100番『軍隊』より第2楽章(ハイドン)、組曲『3つのオレンジへの恋』より行進曲(プロコフィエフ)、『となりのトトロ』より「さんぽ」(久石譲)ほか

➡︎今月、定期にご登場の高関さんです。4日の北文化会館は完売のようです、5日の東部文化会館はまだあるようです、チケットまだお持ちでない方でご検討いただける方はどうぞご確認の上お越しくださいね。暑いさなかのコンサートですから、おちいさいおきゃくさまは特に、よく寝てしっかりごはんを食べてお茶を飲んでから、気をつけて元気に来てくださいね♪

先日SNSで、高関さんと広上さん(と十束尚宏氏)が並んで写っている30年くらい前の写真が流れてきました。クシャっと憎めない笑顔でジャケットのインには白タートルの広上さんも、はにかんだ何とも言えない表情で今も同じセーターをお召しなんじゃないか(似た柄なだけかなぁ??)という高関さんも、髪型以外まったくお変わりなくて!、お二人とも、カツラごっこされてるみたいでした…笑(十束さんはシュッとイケメン)。ご興味おありの方は、「広上淳一サポーターズ」Facebookページでご覧になれると思います⭐︎


【プレイ!シアター in summer 2018】

8月14日(火)11時開演・14時半開演(ロームシアター京都メインホール)

指揮:石崎真弥奈  司会・ナレーション:中島ボイル

曲目:バレエ『眠りの森の美女』より「ワルツ」(チャイコフスキー)、歌劇『カルメン』より「ジプシーの踊り(ビゼー)、オーケストラ・ストーリーズ『となりのトトロ』(久石譲)ほか

➡︎8月14日〜15日の二日間、ロームシアター京都で行われる夏休み特別企画の一環。期間中は子供さん、ファミリー向けの面白いプログラムが沢山なようです。夏休みの忘れがたい思い出のひとつになりますように。


【松下悦子 ソプラノリサイタル〜ものがたりをうたう〜】

8月25日(土)19時開演(京都府民ホール・アルティ)

出演:松下悦子Sop.&朗読、土居知子Pf.、小谷口直子Cl.

映像デザイン:増田寿子  演出:唐谷裕子

曲目:「美しきトランペットの鳴り渡るところ」(マーラー)、「尼僧はヴェールをとる」(バーバー)、朗読・独唱・クラリネット・ピアノのための音楽物語「蜘蛛の糸(原作:芥川龍之介)」(木下牧子)ほか

➡︎同志社女子大学教授でいらして、生徒たちに〝悦ちゃん〟の愛称で敬愛されていらっしゃる松下悦子さんのリサイタルに、1曲、助演で出させていただきます。悦子さん、とっても素晴らしく美しいお声で、ハツラツと明るいひまわりのような方!ピアノの土居知子さんは、クラリネットの大巨匠カールライスター氏とよく共演されていた、私たちにとっては雲の上の人のような方。お二人とも本当にすばらしく、共演が心から楽しみです。大好きな木下牧子さんの作品、初めてトライさせていただきます、嬉しい!…まもなく合わせが始まりますので、そしたらまた、詳しくご紹介させていただきますね。

そして、そうなんです、クラリネットを小谷口に、とご指名くださって、日程調整に苦心惨憺した結果、土曜日の公演なのに夜19時の開演です…綱渡りになりますが、なんとか乗り切ります!!



【第626回京都市交響楽団定期演奏会】

8月26日(日)14時半開演(京都コンサートホール)

指揮:高関健

共演:木下美穂子Sop.、小原啓楼Ten.、大西宇宙Bar.、京響コーラス、京都市少年合唱団

曲目:戦争レクイエム Op.66(ブリテン)

➡︎ブリテンの戦争レクイエム。大編成のオーケストラと、小編成の室内オーケストラに分かれて、今回は初めて、室内オーケストラのほうに乗ります。いつか、かつて、どこかで大編成のほうには乗った気がしています。記憶違いかもだけど。まだ勉強はこれから。スコアは手に入れました。お盆の宿題。いや来週勉強。直前バタバタするので、早め早めの準備です。。。




*****
今夏は早くから暑すぎて、そういえば百日紅の存在すらすっかり忘れてた、と、天を仰ぐ濃いピンクの花にぽかんとしました。


1日だけ、個人的夏休みを死守して、昼まで寝て、突然明るい古典の曲を吹きたくなって夕方まで楽しく練習して、そして日差しが和らいでから本と財布を持ってソーっと外に出て、この壁にもたれかかりながら飽きるまで本読んでご飯食べてお茶のんでおやつ食べて帰りました。休みの日はつい夜更かししたくなるけど、早寝が何より贅沢。寝れないけど。スイッチオフしたらパタっと眠れるような、そんなスイッチが欲しい。

0コメント

  • 1000 / 1000