秋のオペラ週間

朝夕がひんやりしてくると、とたんに大根が食べたくなります。
おでん、炊こうかな。いや、その前に、大根の味噌汁だな。大根の味噌汁って、何とも美味しいですね。油揚げに、小ねぎを散らして。最高。

…とか言っていたら、まんまと喉カゼをひいてしまいました。
先週キツかったからかな。いや、今月がフル回転だったからかな(仕事が、というよりは、全体的にです)。ともかく、昨日は珍しく夕方からオフだったので、とにかく寝ました。へんな時間からでも寝られたので、疲れていたことには間違いないようです。

先週といえば、ものすごく久しぶりに『ニュルンベルクのマイスタージンガー(の、前奏曲)』(ワーグナー)を吹いたのですが。
マイスタージンガーといえば、何となくオーケストラ入門編的な、懐かしいあの頃を思い出す的な、目つぶってても吹ける的な、まぁとにかくしょっちゅう演奏する曲なんですが、それをどういうわけだか何年ぶりかに吹いたわけです。そしたら、なんでしょう、ここ数年ワーグナーの作品を一生懸命取り組ませてもらっているのが有形無形ならぬ無形無形に何とは無しに自分の中に染み込んできているのでしょうか、青かったあの頃とは全く違う風情であの有名な冒頭の響きを感じることになりました。何がどうとか、だからどうとか、とても言葉では説明できませんが、あぁ、これが経験ってものなのかな、と、ちょっとだけ、思いました。


*****

月末の本番にむけて、今日からオペラ『魔笛』のリハーサルが始まりました。
去年血迷って買ってしまったバセットホルンを、祐子さんと2人でぶぃぶぃ(うそ、恐る恐る。笑)吹いて、だけど全体としてはクラリネットは多分半分くらいしか吹くところがなくて、とりあえずリハーサルの間、どうやって待つかが問題。
とりあえず、暇なので、勉強道具を図書館から借りてきました^^;
昭和41年刊。生まれてない…
(もう一冊は、来年の企画で使うかもしれない題材について。お勉強します)

カヴァーキャストに、芸大寮時代の寮長が乗ってるらしくて、連絡をくれたので、きっとどこかで飲みます!たのしみ。
…なので、歌の人に会う前に、何としても風邪を治さねば。治します。
皆様もどうぞご自愛ください。


少し前にいただいた葛湯。
葛湯、大好きなんです。だけど、葛湯って、青色○号とか赤色△号とかが入ってることが多くて、なかなか難しいのですが、いただいたコレ↑は、秀逸で、余計なものが一切入っていない。そのかわりアラレのようなオシャレ浮き実も入ってなくて、何とも無骨。そこがまた好き。1番上の「くずゆ」っていうのがほんとのプレーン味で、葛と砂糖と澱粉だけみたいなやつ(赤のやつは、+小豆。緑のやつは、+抹茶。それだけ)。これに、お湯を注いで、生姜すりおろして飲んで、今日は寝ます。
原材料が4こまで、みたいな食べ物loveです。

昨日いただいたお菓子。栗、砂糖。以上。最高。

0コメント

  • 1000 / 1000