お客様満足度

窓を開けても寒くないうちに、水を触るのが苦にならない今のうちに、年末大掃除の前倒しで窓拭きだけでもやっておくのがきっと正解だろうと…正解だろうと思いながら、もう半月くらい経ってしまいました。
寒くなって、何もかもが縮こまって、年の瀬が押し迫ってニッチもサッチもいかなくなってから、毎年反省するのです。どうしてあの日あの時、窓のひとつも拭いておかなかったのかと。あの頃はあんなに過ごしやすい気候だったではないかと。そして、来年こそは、年末に慌てて大掃除をしなくても良いようなスマートな人になろうと、…かれこれ7回くらいは決心したことがある気がします…次の休みは窓を拭こう…ちょっと寒くなってきました…


*****

ラザレフ先生のリハーサルが始まりました。
数年前、チャイコフスキーの5番冒頭のクラリネットsoli(二本でユニゾンのあの有名な旋律)だけでゆうに20分は延々とつかまって、そして前列フルートのお姉さんに大きなため息をつかれたのは忘れがたい思い出となっていますが笑、今回も予想に違わず、最初の3段で弦楽器の皆さんが25分ばかり頑張ってました笑。そして、ほとんど1楽章だけで今日のボロディンが終了しました。
午後からはグラズノフ(『四季』)組でしたが、おそらく今日のところは春は訪れなかったのではと想像しています…笑。
まぁ、4日もリハーサルがありますので、ゆっくり。じっくり。
私は、3楽章のテンポが明らかになるまでは生きた心地がしませんので、まだ、ひたすら、メトロノームを1目盛ずつ下げながら、ロングブレスダイエットです…。痩せ細るゎ…(気持ちが)


*****

山形でのクリニック、楽しく終わりました。

全国各地に指導でお邪魔していると、地域の特色ですごく大人しかったり、恥ずかしがり屋さんな為に反応が薄かったりして苦心することはままあることです。今回も、ある程度覚悟してお邪魔しましたが、とっても元気な子たちにたくさん会えて、おかげさまで楽しく嬉しくレッスンさせていただきました。
1レッスンが1時間半と集団レッスンのコマにしては大変短く、あれとこれも伝えたいのに時間がない、どうしよう、…と、喋りながら、吹きながら、笑いながら、受講生の子たちが吹くのを聴きながら、チェックしながら、次はこれをやってこれはやるけどこれは飛ばして、だけどこれだけはやっておきたいし…!…と頭は90分間常にフル回転で、そうなんです、頭が疲れる笑。初めまして、で、もう二度と会わないかもしれない人たちを目の前にして、短時間で基礎練習のレッスンをするというのは、なかなか過酷だしあまり望みのあるものではありません。だけど、継続的にレッスンできない分、正しい情報を言葉で的確に伝えながら、練習方法のサンプルと手順のようなものをお土産に持って帰ってもらうのが、私たちにできる最善かなと思います。基礎練習というのは本当にシンプルで、

「ター」

と1つの音を出すだけでも、何時間でもレッスンできるくらい奥が深いし手ゴワいものです。だけど、ターと吹いただけで90分が終わってしまったら、レッスンとしてはお客様満足度を得られない。終わった時に[あー来て良かった]と思ってもらえるような、分かりやすいお客様満足度を得つつ、だけど上っ面でオシャレな練習ばかりするのでは実にならないので、そこらへんのバランスをどうやったらうまく取れるかというのは、尽きない悩みです。
それにしても今回90分というのは、本当に短かった。だいたい、2時間の枠であることが多くて、私がそれに慣れてしまっていたのもあるかなぁ。息と指、舌というのは基礎の3本柱だからどれもくまなく触れたいけど、90分ではどんなに頑張っても時間が足りない。それだったら、例えば、90分1コマで、テーマごとに分けて、好きなところに参加してもらえたら良かったのかも。

①ロングトーンで美音をget!
②指のフォームと音階練習!
③タンギングを自由自在に!

例えばこんな風に。自分の悩みに応じて参加してもらってもいいし、時間が許せば全講座に出てもらってもいいし。

今回の山形は、1クラス目はみんな中学生で、予想したよりずっと反応が良かったので、思い切って楽器を置いて身体の仕組みや使い方からみんなで勉強するところから始めたけど、どんなにかいつまんでもやっぱりそれだけで30分かかってしまった。でも、骨格の図をみんなで見たり、自分で自分の体を触りながら息を吸ったり、ペアになって触り合ったりしながら勉強を進めると、ちゃんと息を吸えたらこんなに身体は動くんだという発見を共有できたりして結構良い感じでした。
2クラス目は、時間がないと分かったので楽器を手放さずに最初から音を出したけど、その分いろんな種類のロングトーンをみんなでやってみようとしたらやっぱり結構時間を食ってしまい、あと指の形の話と実践練習をして、タンギングに入ってみたら案外タンギングに難を抱えてる子が多い!と分かったところで時間切れでした…普段ならあと30分あって、タンギングも出来るのに…
3クラス目は、ひとつの学校さんだったので、彼女らのオーダーに従って基礎練と、残りの30分で曲を少し見ました。今回はまだ譜読みを始めたばかりだったので大したことはできなかったけど、曲のレッスンも楽しいですね。楽譜の読み方や音符を効果的に音楽にするワザにもコツがあるので、小一時間もあれば全く鮮やかに演奏できるようになってきます。


レッスンは、難しいけど、たのしい。
反省も、今後への楽しみもたくさん。


またご縁がどこかにつながるとうれしいです。


山形に行くことがあったらきっと買ってみたいと思っていた、鶴岡銘菓『おきつねはん』。謎でかわいい。笑
材料は、小豆粉、白砂糖、黒砂糖。以上。最高。


0コメント

  • 1000 / 1000