2017おめでとう(1月の出演予定)

明けましておめでとうございます。
皆さまが穏やかで楽しいお正月を過ごされています(ました)ように。
関西は暖かく良いお天気に恵まれ、それだけでとても心あかるくなる朗らかな新年の幕開けとなりました。

元日の朝。今日のお天気が象徴するような一年に、2017がなればどんなにか嬉しい、と思いながら

ごめんなさい私はぜいたくカニ三昧ツアーに出かけておりました笑笑笑
日本海側で、それはそれはもうもうもう、あした朝起きたらカニに生まれ変わっているんじゃないかというほど食べました。


2017年、楽しみな(かつ震える)本番がいくつも頭に浮かびますが、ひとまず今年から指輪が始まる春のびわ湖オペラと、3月のマーラー8番に向けての準備を大きくはしつつ、4月以降の翌シーズンへ備えたいと思います。
いいダシを出しつつも自分自身は決してカッスカスにならない本場のカニのように、悠然と美味しい豊かな心でいたいと思います。(酔)

1月の出演予定です。
今年は、1月2月の定期でクラリネットの出番が少ない(首席の私は両方乗る)ため、乗り降りのバランスをとるべく1/8・9の京響ニューイヤーコンサートは降り番です。新年最初の華やかなコンサートで皆様にお会いできないのは残念ですが、たぶんせっかくなので客席にいます。

◆読売日本交響楽団メンバー&シンフォニー合唱団・ニューイヤーコンサート2017

 直方公演→1月14日(土)15時開演(ユメニティのおがた)

      曲目:ピアノ協奏曲(リスト)、歌劇『こうもり』序曲(J.シュトラウス)ほか

 北九州公演→1月15日(日)17時開演(北九州ソレイユホール)

      曲目:ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュイン)、春の声(J.シュトラウス)ほか

    ➡︎エキストラで参加させていただいてまいります。そんなわけで、新年早々、ギュインギュインと近所迷惑な練習しております。。。。。。。


◆京都市交響楽団第608回定期演奏会

 1月21日(土)、22日(日)両日とも14時半開演(京都コンサートホール)

 指揮:下野竜也 ピアノ:パスカル・ロジェ

   曲目:ピアノ協奏曲第25番(モーツァルト)、交響曲第0番(ノヴァーク版、ブルックナー)

 ➡︎グルッペン&ジョンケージのあの日以来の下野さん。再びお会いできるのが何故だかどういうわけかいつもより更にとても楽しみです。ブルックナーはオケの音がとても分かる曲。団体戦でいい音いい音楽作り頑張ります!皆様是非お見守りください。


◆小学生のための音楽鑑賞教室(京都市立の全小学校対象、関係者のみの公演)

   1月30日(月)〜2月3日(金)全日程朝昼2公演(京都コンサートホール)

   指揮:広上淳一
   曲目:組曲『惑星』より「木星」(ホルスト)ほか

 ➡︎京都市の公立小学校の子達が全員京響を聴きにきてくれる、私たちにとってもとても嬉しい一週間。広上さんのタクトで全力だいばくはつの京響を聴いてもらえるのは、音楽の楽しさを分かってもらえるに違いなく、このような機会を長年絶やさず応援くださる京都市や学校関係者の皆々様のご尽力に感謝しかありません。たのしい楽器紹介コーナーもあります。みんなで頑張ります!インフルエンザ蔓延にも気をつけます笑



1月は学校の実技試験を控えてレッスンも大詰め、受験生たちも最後の追い上げ時になるので、自分のプレイの他にも大忙し。カニですっかり栄養補給と気分転換ができたので、元気いっぱいで乗り切りたいです。

*****

旅の相方が持ってきてくれた私用のおやつセット。
カンロ飴のカンロの、パッケージも可愛すぎるチョコがけ苺グミ。メープルマニアのフィナンシェとクッキー。手作りの生姜&柚子ピール。この女子力を見習おう… 


初詣、ちょっと人出が落ち着いた裏の神社へ、いってきました。

今年は急ぎますので!
お急ぎください!

5コメント

  • 1000 / 1000

  • Aki アキ

    2017.01.18 15:39

    4月の下野さんのスプリングコンサート 京響HPで演目UPされていたので見ると、なんていい企画なんだ!と思いました。   京響のプレイヤーがめちゃくちゃフューチャーされてる!聴きたい曲が目白押し。これは楽しそうだ!こういう選曲をする下野さんも最高だ。下野さん定期のハルモニーレーレも「?」からちょっと興味が沸いてきた。 娘が少しづつ楽器の音色と演奏者の皆さんを覚えてきてるので、スプリングコンサートはより一層、京響への親近感を感じるコンサートになりそうです。 京響は広上さんはじめ演奏者の皆さんとこんなに近いところで感じられるところが素晴らしいです。 アンダーソンの「クラリネットキャンディ」今から楽しみ! 追伸:小学生のための演奏会。アンダーソンの「タイプライター」が生で聴けるなんて子供たち楽しいだろうなぁ。 Fromアキ
  • Naoko

    2017.01.16 02:31

    Akiさま 下野さんの良さがわかる小学生!娘さん、とっても耳が肥えてらっしゃいますね! すごい☆ 小さな子供さんや若い方たちにも本物の音楽を全力でお届けしたい、音楽の真の面白さに触れてほしい、というのは私たちの願いです。弊団企画制作スタッフも、知恵を絞ってあれこれ趣向をこらしたコンサートやイベントを企画してくれていますので、そんなふうにおっしゃってくださること、娘さんに届いていることを知ったらどれほど喜ぶかと思います。オーケストラの皆にとっても大変励みになります。まだまだ至らぬこともあるかと思いますが、何かお気づきの点等ありましたらまたどうぞお教えください。 皆さんに楽しんでいただけるコンサートを、私たちも心から楽しんで作っていきたいです。どうか今後ともよろしくお願い申し上げます…! 小谷口直子
  • Aki アキ

    2017.01.10 16:19

    @Naoko小谷口さま  ご丁寧にお返事頂きありがとうございます。とても嬉しいです。 こんなにも喜びを与えてくれる演奏に感謝し、今一番うれしい期間になっています。本当にそう思います。  実はエリシュカさんの定期の時以来、演奏後の指揮者と演奏家の充実した姿に猛烈に感動するようになりました。グルッペンもしかり。また、12月の第九の定期(2年前の大野和士さんからまた聴き始めました)もここ数年、演奏後、舞台から合唱団の方が一列づつ帰られるときに、どこからか拍手が響いてきます。私も残って退席する合唱団の方を拍手で見送るのですが、これも京響のファンの方とも喜びを共有する瞬間で、最後の合唱団の方が帰るまで拍手で送るファンの方にも敬意を感じています。いい演奏会だったといつも感慨深く帰れます。本当にありがとうございます。  ラフマニノフの2番が聴けるかもしれない!?。極上のスイーツを堪能するかのような第三楽章が聴ける。楽しみがまた増えてしまいそうです。演目発表を心待ちにしています。  京響さんは子供にも入りやすく、現在小3の娘はみんなのコンサート、オーケストラディスカバリーを聴き育ち、京響メンバーもチラシみるといろんなところで子供にも入りやすい演奏が沢山ありとても感謝しています。小谷口さんの出たアスニーコンサートも子供と行きましたし、ロームシアターではくるみ割り人形と白鳥の湖も聞けて子供にも嬉しい一年でした。子供には広上さんはピアニカのオジサンで覚えやすいようで、子供も大好きです。来シーズンの小冊子の最後の広上さんのポーズは子供には大うけでした。  来週発売の下野さんのスプリングコンサートは娘に「行く?」と聞くと、「下野さんの指揮?行きたい!」とうれしい返事。ディスカバリーシリーズは未来の京響ファンを確実につけてます!今年は広上さん、高関さん、下野さんと宮川アキラさんが指揮と小冊子に発表されて、娘も絶対行くとせがまれています。笑。 追伸:2/4(土)のひらかたアルテラチェンバーオーケストラは行きたかったのですが、都合がつかず断念。2月のジョン健ヌッツォさんのテナーは娘と聴きに行きます。演奏楽しみにしています。 fromアキ